畳・襖・障子をハリカエルのはまかせてケロ!
トップページ
小池のこだわり
たたみの話
襖・障子の話
価格表・見積
よくある質問
施工事例
ブログ
リンク
会社概要
 
 
畳の構造と大きさ | 畳が出来るまで | 畳の材料 | 畳のお手入れ
  畳のお手入れ  
■ 新しい畳(1年以内)は大変デリケートです
1) 新しい畳は、イ草の含水率が高い為、梅雨時や高温多湿な環境が続くとカビやすいです。
2) シミ・汚れが目立ちやすいので注意して下さい
※畳が茶色に日焼けると、カビの発生やシミ・汚れが目立つと言った心配は、少なくなります。

■ 普段のお掃除方法
1) 掃除機は畳の目に沿って優しく掛けて下さい。
2) 週1回程度は乾拭き、汚れがひどい時は硬く絞った雑巾で拭いて下さい。
※数年経った畳には、お湯50:酢1の酢水で硬く絞った雑巾で拭くと、より綺麗になります。

■ 快適に使用するには
  長期間、畳の上への敷物は、湿気やホコリが溜まりやすく、ノミ・ダニの温床になります。何も敷かない方が衛生的で快適です。敷く場合は、定期的に畳面のお掃除と、風にさらして湿気抜きをして下さい。

■ 末永く使用するコツ
1) テーブル・家具等、物を引きずらないで下さい。(傷が付く事があります)
2) 掃除の時は、掃除機よりホウキの方が畳に優しいので、長持ちします。
3) 暖房機の前は、熱風と乾燥で畳が傷みやすいです。熱風が直接当らない様に工夫して下さい。(ゴザやカーペットを暖房機の前に敷くと良い)

■ 畳にカビが発生したら
  濡れタオルで拭くのは…絶対に×(ダメ)です。
まずはカビを取り除きます(掃除機で吸い取る。乾いたタオルで拭く。畳目の奥のカビはタワシ等でかきだす)予防策として、天気の良い日は換気に心がける。頻繁に空拭き掃除をする。除湿機を置くのも効果があります。

■ シミ・汚れが出来てしまったら
  あわてて濡れタオルでゴシゴシ拭くのは…絶対に×(ダメ)
まずは乾いたタオルで吸い取るように拭きます。
●醤油や液体 ⇒ すぐに乾いたタオルで吸い取る
●油性の汚れ ⇒ 薄めた中性洗剤で固く絞って拭き取る
●クレヨン  ⇒ クレンザーを少量乾いた布に付け軽く擦る
●インク系 ⇒ 牛乳で湿らせて拭き取る
畳が茶色に日焼けてきたり時間が経つと、シミ・汚れが目立ち難くなる事もあります。

■ 家具の跡がついてしまったら
  凹んだ所に蒸しタオルをのせると多少良くなります。
予防策として、押し跡が残りそうな家具の下に、当て板など、敷くことをお勧めします。

■ お得な活用術
  畳の表面の、イ草は裏面も使えます。
擦り切れて痛む前に、早めの裏返しで、両面を無駄なく使用するとお得です。


 
copyrights tataminokoike all rights reserved